Yさんのリフォーム体験談 その2

長野市・千曲市・須坂市でリフォームの事なら
「安心」「誠実」「地域密着」のハートホームズ長野にお任せください。

こんにちは。

先日、弊社で工事をさせていただいたお客様のお店(居酒屋さん)に伺ったところ、

なんとまあ、思いがけないものを発見。

こんな風にしていただいて、感激です。

ありがとうございます。

さて、前回お話した屋根工事で失敗したYさん、すぐに屋根を治そうと思ったものの、

しばらくはショックで落ち込んでいたそうです。

(前回の屋根工事の失敗談はこちら

 

そんな時、今度はお風呂から水漏れが発生したという事で、

とりあえず屋根はそのままにして先にお風呂の工事をすることにしました。

 

飛び込みの業者で工事をして失敗したので、今度は地元の業者さんにお願いしようと決め、

電話帳で近くの工務店さんに連絡をしたそうです。

 

その工務店さんは以前から地元で新築工事も何件もやっているという事で、

「ここなら大丈夫だろう」

とお願いすることに。

 

お風呂をユニットバスにする工事を打合せして、しばらくしてから工事が始まりました。

ユニットバスを設置するまでは順調に進み、その後大工さんを待っているものの、

3日たっても来ません。

そして1週間が過ぎて、さすがにYさんも痺れを切らして工務店に電話をしました。

Yさん「ユニットバスが据え付いたのはいいけど、その後はどうなっていますか?

早くお風呂を使いたいんだが・・・」

工務店「すみません。明日は必ずお伺いします。」

 

そして翌日、やってきたのは水道屋さん。

 

給湯器を設置して、水とお湯をたこの足みたいに(Yさん談)つないで排水もつないで

水道屋「とりあえず仮設でつなぎ込みをしましたので、今日からお風呂は使えます。」

Yさん「・・・・・・・」

お風呂は使えるといっても、お風呂の外壁は防水紙が貼られたままで、

外壁の仕上げもしてないし、仮設の配管って・・・。

(イメージ的にはこんな感じです。)

翌日、工務店の担当者の方がやって来ました。

そしてその担当者からはなんと驚きの言葉が…。

「ちょっと今新築の工事が忙しいので、しばらくこの状態で待ってくれませんか」

Yさん、この言葉には絶句したそうです。

 

そしてそのまま2週間。

1ヶ月

2ヶ月

・・・

6ヶ月が過ぎたそうです。

 

ようやく大工さんがやってきて工事が仕上がったのは、着工して7ヶ月が経過していました。

 

私「Yさん、よく黙っていましたね。」

Yさん「そりゃあ言いたい事はあったが、あまりガミガミ言って『もう来ません』といわれたら困るしね。」

Yさん「いきなり訪問してくる業者は信用できないし、地元の工務店もだめだし、

もうどこに頼んで良いか分からなくなったよ。

すっかり肩を落としているYさんをみて、私はどう言葉をかけて良いのかしばらく考えたのですが、

結局二人でお互いに顔を見合わせて苦笑いするしかありませんでした。

・・・つづく。