反面教師

長野市・千曲市・須坂市でリフォームの事なら
「安心」「誠実」「地域密着」のハートホームズ長野にお任せください。

こんにちは。

数年前に目の際のまぶたに顔面ヘルペスが出来ました。

一番かかることが多いのが「口唇ヘルペス」と言って口の周りに出来るようですが、

それが私の場合、まぶたの所に出来ました。

最初の時には、とにかく痒いし、痛いし・・・でまぶたがお岩さんのように

大きく腫れあがって目が開かないほどになりました。

1541-1.jpg

このところ一年くらいは症状が出ていなかったので、安心していたのですが

それが年末も押し迫った昨年の暮れに再発してしまいました。

とりあえずお医者様にかかったわけですが、最初にかかった時のお医者様は

すでに閉院していました。

そこで、今回は違うお医者様にかかったわけですが、診察の際に以前から

何度か再発していることを伝えました。

・・・で、お医者様にいろいろと聞かれたわけですが、その先生とにかく

早口でしゃべっていて何を言っているのかよく聞き取れないんです。

何回か聞き返していたのですが、明らかにその先生イラついている様子。

あまり不機嫌な顔をしていたので、もうこっちも気分が良いわけもなく、

そのうちだんだんこちらの返答も適当になってきて…

なんだか会話がトンチンカンナな受け答えになっていたようで、

それがまたその先生にはお気に召さなかった様子です。

一応こちらも何回かかかっている症状なので、原因もわかっているわけで、

処方箋を出してもらえれば、とりあえずいいかなって感じになりました。

でも、薬局へ行って処方箋をもらい、帰るときにふと考えた。

「なんで、こっちがこんな気分が悪い思いをしなければならないの?

そりゃ、一回で聞き取れなかった自分も悪いかもしれないけど、もっとゆっくりと

分かりやすく話してくれてもいいんじゃないの?」

もうね、目の痛みよりもそちらの方が苛立ってきた。

普段、リフォームの打ち合わせの時には、お医者様のようにきちんとお客様に

わかりやすく説明をして、納得いくまで伝える事が大切な事だと

うちのフタッフにも言っていたけれど、今日のようなお医者様だったら、失格だな。

反面教師として改めて感じました。

結局は相手がどんなふうに受け取るかが大切であって、伝え方がどうであれ

相手が不快な思いをしてしまうようなら、伝わっていないという事なんですよね。

そりゃあ、お客様からいろいろと重箱の隅をつつくようなことを細かく言われたら

「いい加減にして!」と言いたい時もなくはないけれど、そこはこらえて笑顔で

接することが大切な事ですね。

おかげ様で目の方は、大きく腫れることなく治ったので良かったですけど・・・。