リフォーム業者の選ぶ4つのポイント

編集日時:2017年04月25日(火)4:51 PM

住宅をリフォームしたいと思ったと時に、どんな業者や会社を選べばよいか迷いますよね。業者選びはリフォーム成功のカギともいわれており、外せないポイントです。
そこで今回は、どんな業者を選べばよいかについてポイントをまとめてみました。

まず、リフォームはどこに頼めるか

リフォーム業界はいくつかの種類に分類されます。それぞれの特徴をみていきましょう。

住宅メーカー

住宅メーカーで建てた場合、その傘下のリフォーム業者に依頼する方も多いですね。家の構造にも精通しており、大手メーカーという安心感もあるでしょう。ですが、下請けに出してしまうことがほとんどなので、残念ながら「大企業=いいリフォーム」という図式は成り立ちません。

工務店

中小規模の建築業者を工務店と呼びます。大手からの下請けだけでなく独自に新築を請け負うほどの技術力を持ち、リフォームを得意としている業者も少なくありません。地域密着型の傾向が強く、自分にあった工務店が見つかると長く付き合うという方も多いですね。

リフォーム会社

リフォームを専門としている業者で、さまざまな形態があります。飛び込み営業や丸投げが社会問題になったこともありますが、健全な業者も多いですね。

設計事務所

デザインだけでなく、現場で施工についての確認や指示などの工事監理業務も業務に含まれています。好きな設計事務所がある場合は依頼するのもいいでしょう。

専門工事業者

リフォームを実際に行う施工のプロ集団ですが、デザインを請け負う部署はなく別途デザイン事務所や専門家に依頼しなければなりません。施主の手間はほかと比べてかなりかかる傾向にあります。

リフォーム業者を選ぶ4つのポイント

リフォーム業者の種類はいくつかありますが、選び方は共通しています。押さえておくべきポイントをみていきましょう。

<ポイント①>工事実績があるか

職人の技術的な問題だけでなく、トラブルが起きた際にスムーズに対応できるかなど、これまで実際に施工しているからこそ得ているものがあります。施工例など実績をホームページや写真で確認できる場合も多いので、どんなリフォームが得意なのか見極めやすいというメリットも見逃せません。また、リフォームといってもその種類は多岐に渡るので、目的のリフォームについて実績があるかどうか確認するのもお忘れなく!

提案をきちんとしてくれるか

プロだからと一方的な提案や見積もりをするリフォーム業者もいますが、やはりNG。決して安くない買い物なので、しっかりと意見を聞いた上できちんと希望を汲みとり、提案してくれる業者を選びましょう。

<ポイント②>メリット・デメリットが明確

高価なキッチンを選べばデザインも利便性もいいけれど予算はオーバーするなど、どんなことにもメリット・デメリットは必ず存在します。メリットだけを伝えるのではなく、デメリットについてもしっかり説明してくれる業者を選びましょう。

<ポイント③>保証やアフターサービスの有無

リフォームは実施をして終わりではありません。アフターサービス、メンテナンスをしっかりやてくれる会社を選びましょう。

<ポイント④>施工エリア

全国対応の大手もいいですが地元密着の業者は地域の特性を熟知しており、それを織り込んでリフォームを提案します。また、近隣であれば何かあった際にも対応が早いですね。さらに、地域に密着した経営をしており、誠実で柔軟な対応も期待できます。

ハートホームズなら、ご要望にお応えできます

実績10年以上!アフターメンテナンス充実、施工実例は随時更新しているハートホームズ。長野市・千曲市・須坂市でリフォームをお考えの方はぜひ当社へお気軽にご相談ください。工事内容のお見積は最終プランまで無料であり、納得いただいた上でご契約ができるため、迷っているという方も安心です。



  |  

住まいのご相談お気軽にお問い合わせください。0120-753-855 営業時間9:00〜19:00 年中無休
お問い合わせ・お見積り
資料請求